所有している物件を賃貸に|トーシンパートナーズで相談しよう|大家さんになりたいなら

トーシンパートナーズで相談しよう|大家さんになりたいなら

お金

所有している物件を賃貸に

レディー

物件を売却すれば損をする

せっかく長い期間のローンを組んでマンションを購入したのに勤めている会社から遠方の地に転勤を言い渡されてしまいました。そうなると所有しているマンションは当分不在となるので手放さすことを検討しなければならなくなります。付近地域の土地価格が高騰しているのならば売却しても利益が出るでしょうから売却するという選択肢も間違いではありません。しかし今の時代でそのような上昇傾向のある地域は限られています。また一軒家とは違い、マンションは他人と共有する資産です。住人全員の意向がなければ建築物の改装はなく基本的にそのままなので資産価値は年々下がっていくのです。上記のことを鑑みれば長期間住むことにならなくなったとしても敢えて所有しているマンションを手放す必要はありません。

定期借入権

物件を手放さずに他人に賃貸物件として提供するリロケーションという制度があります。これならばマンションに長期不在になったとしても賃貸物件として家賃収入が入ってきますから無駄になることはありません。現在ではリロケーションを斡旋している専門の会社もありますのでリロケーションの制度を使って賃貸として提供したいという希望があれば手続きにおけるすべての行程を任せてくれるので所有者はリロケーション会社に任せればよいだけなのです。しかし心配されるのが、約束していた期限になりマンションに戻ることになっても借主が素直に応じてくれるのかということです。このような事例があったとしても貸主と借主間では「定期借入権」という制度が適用されるため貸主が延長を認めない限り借主は速やかに物件を明け渡さなければなりません。不安要素も限りなく抑えられるのでリロケーション市場は利用者が更に拡大していくものと思われます。