トーシンパートナーズで相談しよう|大家さんになりたいなら

ウーマン

マンションで家賃収入を

マンション

マンション経営をするのであれば、リスクを知っておく必要があります。また、家賃保証会社に依頼することで、自分で管理をしなくても運営をすることが可能ですので、頼ってみるといいでしょう。

もっと読む

アパート経営の強い味方

マネー

家賃債務保証会社は、賃貸住宅の入居契約において従来は連帯保証人が行っていた債務保証を代行する専門業者です。入居者にとっては住宅が利用しやすくなる、家主にとっては家賃の収納や督促事務の負担が軽減されるというメリットがあります。

もっと読む

不動産経営のパートナー

ウーマン

様々な利点

不動産投資を斡旋する多くの会社の中からいったいどれを選べば良いのかわからないと迷っている人がいるかもしれません。そんな人はぜひトーシンパートナーズに相談してみることが大切です。トーシンパートナーズは不動産経営のパートナーとして多くの人々から信頼されています。まず第一に入居率が高いため、安定した不動産収入を期待することができます。2016年度の運用実績を確認してみると100パーセントに近く安心できるはずです。またターゲットとする居住者やロケーション、クオリティにも注意を払ったマンションづくりが行われています。さらに資産価値を保ち続けるために、設備管理や清掃、建物の修繕がきちんと行われています。

マンションの種類

トーシンパートナーズでは二種類のマンションブランドが展開されています。フェニックスは主に単身者をターゲットとしたマンションで、首都圏で多く建てられています。98パーセントを超える入居率で、多くの人々が満足していることがわかります。1986年に初めてフェニックスが建てられてから現在までの間に数を増やし続けており、その数はトータルで1万戸以上にも上ります。またZOOMはロケーションにこだわって建てられており、セキュリティレベルが高く安心して住むことができます。30年後にも高い資産価値が保てるように基本構造もしっかりとしています。さらに室内の設備も充実しており、快適に生活できます。ぜひトーシンパートナーズに問い合わせてみてください。

所有している物件を賃貸に

レディー

長期ローンを組んで支払っているマンションが転勤などの理由で長期間不在になると、マンションを保有することが無駄になってしまうので売却を検討せざるを得なくなります。しかし所有する物件を他人に賃貸として提供するリロケーション制度を使えば家賃収入も入ってくるので売却せずに済みます。

もっと読む